便利な送受信システム

オーダーエントリーシステムについて

ファミリーレストランなどの飲食店で、客が店員を呼びたいときに座席に置いてある押しボタン式の送信機と受信機が、オーダーエントリーシステムです。オーダーエントリーシステムはオーダーコールシステムと呼ばれることもあり、POSシステムの一種です。POSシステムはPOINT OF SALESの略語で、販売時点情報管理のことをさし、1980年代から導入がチェーンストアで始まりました。外食産業で料理を作り始めるのは客の注文を受けた後なので、食べるまでに時間がかかります。そのため多くのチェーンストアで店舗運営の効率化を上げるために、POSシステムとEOSシステム(electric ordering system)を導入しています。

導入によるメリットについて

オーダーエントリーシステムは押しボタン式かカードタイプの送信機が座席に置かれています。別々の送信機番号が送信機ごとに振られており、受信機が送信機番号を受信すると注文できます。受信機は送信機番号と呼出警告音を同時に鳴らし、チェーンストアの店員が送信機番号の表示を確認動作終了後に消去します。確認動作終了後に店員は送信機番号に表示された番号の座席に、客の注文を受けつけに向かいます。オーダーエントリーシステムを導入することによって、キッチンの報告を注文を受けた後にする必要がなくなり作業の効率化がはかれます。また、オーダーエントリーシステムには注文のミスや座席への誤配を減らす効果もあり、特に混雑時には有効です。

このエントリーをはてなブックマークに追加